フードニュース

  • フードニュースとは
  • 月刊フードニュース
  • フードブログ
  • お問い合わせ
  • ENGLISH

    トップページ

  • サイトマップ
  • 関連リンク
  • 広告料金表
  • 会社概要

トップページ > フードニュースとは > ごあいさつ

ごあいさつ

菓子産業の構造変革とは

   東京オリンピックが開催された昭和30年代後半から40年代末期にかけて、菓子産業の構造変革期が訪れました。その時のキーワードは、オートメーションとセルフサービスの両システムでした。この生産と流通の両革命を菓子産業界が発展につなげるには、<製品の商品化>という時代の課題を克服せねばなりませんでした。第2の波は、40年代末期から50年代にかけて訪れたグローバル化とヘルシィ革命でした。文明と文化の調和のとれた菓子開発が新しい課題となりました。そして20世紀後半に訪れたのが、大量生産、大量販売、大量消費という<量と物>からの脱皮を如何に図っていくかという、かつて経験したことのない課題克服のための試練でした。

   そこで再び菓子産業に問われたのは、菓子とは何なのかでした。グローバル化とヘルシィ革命で掴んだかに見えた<21世紀の菓子>は、依然として謎のままです。菓子と原料、技術、流通、パッケージ、デザイン、市場、消費等それぞれの分野で分析し、解明を試みてもそこから未来は<進歩>の概念ではとらえきれないのではないかという疑問です。時代を越えて人々が菓子に求めているのは

お菓子でしか表現できない<優しさ>

  なのではないでしょうか。なぜフードニュースは菓子一筋に取組んできたのかと問われれば、それは人間としての人格の根幹と深く関わるものがあったからだとしか応えようがありません。時代が菓子産業に求める新しい総合化は、まさにこの個々の人間の人格にかかわるものとしての<存在>を問うささやかな<菓子美>の発見と想像ではないかと考えています。21世紀に日本の菓子産業が世界の菓子産業にコミットする機会があるとするなら、<菓子を哲学>する生き方ではないでしょうか。

   こうして菓子専門誌を続けさせていただけるのも菓子業界の方々は申し上げるまでもなく、関連産業界と関係諸団体、また欧米・アジア・中国の政府及び関係機関と菓子食品産業界からの、有形・無形の手厚い御支援がありましたからなのです。心から感謝とお礼を申し上げます。多年にわたる御厚誼を本当に有難うございました。これからも心を新たに菓子産業界と木鐸としてより一層の精進をしてまいります。

フード流通経済研究所   社長   益山明